読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳の中の絵本

疲れて動けなくなったときの症状記録。脳内妄想日記。

院外外出 - 朝

月末なので諸用を済ませるため外出申請書を出し(事前提出、主治医の許可を得る必要がある)、久しぶりに新宿へ出た。

入院中のブログはできるだけ「どういったときに具合が悪くなり、どういったときに良くなるか」を記録・把握できるようにしたい。

今回はどうだっただろう。

まず当日朝、全身の筋肉が凝っていて動くのがとても億劫だった。以前ならすぐにフルニトラゼパム1mgを入れていたレベル。

おかげで出かける準備にかなり時間がかかった。とはいっても仕事をしていたとき(≒抗不安薬のMAX乱用時期)に比べれば大分頭の働きは良くなったと思う。

それでも、まだ安心して外出できるレベルではなさそう。身体が重くて脳内が「辛い辛い」で占領されているので、財布を忘れそうになったり下足に履き替え忘れたり。CPUやメモリがOSで食い潰されてる感じ。

フラフラ病棟ロビーまで出た後ブラックコーヒーを一気飲みして、ようやく一息ついたというか、目が良く見えるようになって姿勢をまっすぐにする気力が出たというか。これを無理やりITに例えるとなんだろう。一時的にCPUをoverclock、外付けSSD仮想メモリ領域として追加した感じ…?

カフェインはベンゾジアゼピン乱用傾向の自分にとってできるだけ控えるべき薬物ではあるものの、入れないと最悪事故にあったりしかねない。

カフェイン無しで日常的な外出ができるといいのだけれど。

ここまで書くこと自体で大変疲れてしまった。病院を出た後については次回…。