脳の中の絵本

疲れて動けなくなったときの症状記録。脳内妄想日記。

Hyper-V + docker + xrdp でリモートデスクトップ環境を作って遊んだ part2

前回からの続き。

まずは docker のインストールと、CentOS image の pull。

# 更新
[root@localhost ~]# yum upgrade

# docker インストール
[root@localhost ~]# yum install docker
<省略>
---> パッケージ docker.x86_64 2:1.12.6-48.git0fdc778.el7.centos を インストール
<省略>

# docker サービス起動, 自動起動設定
[root@localhost ~]# systemctl start docker

[root@localhost ~]# systemctl enable docker
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/docker.service to /usr/lib/systemd/system/docker.service.

[root@localhost ~]# systemctl status docker
● docker.service - Docker Application Container Engine
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/docker.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 木 2017-09-14 16:22:51 JST; 1min 5s ago
     Docs: http://docs.docker.com
 Main PID: 33188 (dockerd-current)
   CGroup: /system.slice/docker.service

# docker pull で CentOS の latest image を入手
[root@localhost ~]# docker pull centos:latest
Trying to pull repository docker.io/library/centos ...
latest: Pulling from docker.io/library/centos

2d490773b5db: Pull complete
Digest: sha256:6f2b0d9ba722f2d4e9d9bf694456f08033f1737fbdbd67f6424cd1d683326b57

# バージョン確認
[root@localhost ~]# docker run -it centos:latest cat /etc/redhat-release

# 掃除
[root@localhost ~]# docker ps -a
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                  CREATED             STATUS                     PORTS               NAMES
9bd5b7087341        centos:latest       "cat /etc/redhat-rele"   7 seconds ago       Exited (0) 5 seconds ago                       reverent_pare

[root@localhost ~]# docker rm 9bd5b7087341

さて、ここからが問題。おぼろげな記憶では、CentOS7 コンテナを作る場合には docker run 時に --privileged オプションをつけないといけないとか、COMMAND を /sbin/init にしないとサービスが起動しないとか、ホスト kernel version によって挙動が違うとか、いろいろだった気がする。面倒なので適当に試してうまくいくやつを見つける (やる気が行方不明)。これはいずれちゃんと本を読まないといけないな…。

まずは 普通に /bin/bash で起動してから sshd の status を見てみる

[root@localhost ~]# docker run --name centos7_bash -itd centos /bin/bash
15530b30768849475e82548f7f3aad1f111c247129422a795bd52f9f9b43b10b

[root@localhost ~]# docker attach centos7_bash

[root@15530b307688 /]# systemctl status sshd
Failed to get D-Bus connection: Operation not permitted

# ダメのようだ (適当)。

[root@15530b307688 /]# exit
exit

[root@localhost ~]# docker stop centos7_bash
centos7_bash

[root@localhost ~]# docker rm centos7_bash
centos7_bash

続いて --privileged オプションをつけて /bin/bash で起動してみる。

[root@localhost ~]# docker run --privileged --name centos7_privileged_bash -itd centos /bin/bash
62192b2e81d02f7addcedfa8d0d49e48f2e8a7e574a2841bbc6c1beb3840e50e

[root@localhost ~]# docker attach centos7_privileged_bash

[root@62192b2e81d0 /]# systemctl status sshd
Failed to get D-Bus connection: Operation not permitted

# これもダメのようだ。やっぱり /sbin/init かね (適当)。

[root@62192b2e81d0 /]# exit
exit

[root@localhost ~]# docker stop centos7_privileged_bash
centos7_privileged_bash

[root@localhost ~]# docker rm centos7_privileged_bash
centos7_privileged_bash

それでは、オプションはデフォルトのまま COMMAND を /sbin/init にする

[root@localhost ~]# docker run --name centos7_init -itd centos /sbin/init
02e44823534e5f29b6febe136d727b6ed2e517e8bc68541e43f71922aea6fe10

[root@localhost ~]# docker exec -it centos7_init /bin/bash

[root@02e44823534e /]# systemctl status sshd
Unit sshd.service could not be found.

# お、動くね (適当)。

[root@02e44823534e /]# exit
exit

[root@localhost ~]# docker stop centos7_init
centos7_init

[root@localhost ~]# docker rm centos7_init
centos7_init

さて、COMMANDを /sbin/init にさえしておけばさしあたり大丈夫だろうか?そう仮定して、 ssh(22番ポート) と rdp(3389番ポート) 用に ポートフォワードしたコンテナを立て直す。

[root@localhost ~]# docker run --name centos7_init_p -p 10022:22 -p 10389:3389 -itd centos /sbin/init
dd40a18cfcf7205ac98b9f7651e24e499907e48d625a6774a84f8801fedead0e

[root@localhost ~]# docker exec -it centos7_init_p /bin/bash

# コンテナ内に openssh-server をインストールして起動してみる
[root@dd40a18cfcf7 /]# yum install openssh-server
<省略>
---> Package openssh-server.x86_64 0:7.4p1-12.el7_4 will be installed
<省略>

[root@dd40a18cfcf7 /]# systemctl status sshd
● sshd.service - OpenSSH server daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/sshd.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: inactive (dead)
     Docs: man:sshd(8)
           man:sshd_config(5)

[root@dd40a18cfcf7 /]# systemctl start sshd

# 上記 status をよく見ると デフォルトで enabled になっているのでこれはいらなかった
[root@dd40a18cfcf7 /]# systemctl enable sshd

[root@dd40a18cfcf7 /]# systemctl status sshd
● sshd.service - OpenSSH server daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/sshd.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Thu 2017-09-14 08:06:39 UTC; 14s ago
     Docs: man:sshd(8)
           man:sshd_config(5)
 Main PID: 145 (sshd)

# 無事起動したので、コンテナの root パスワードを設定しておく
[root@dd40a18cfcf7 /]# passwd

ちゃんと起動した。ホストOS側から localhost:10022 経由でコンテナの22番ポートに対して ssh 接続できるかどうか試す。

[root@dd40a18cfcf7 /]# exit
exit

[root@localhost ~]# ssh -p 10022 root@localhost
The authenticity of host '[localhost]:10022 ([::1]:10022)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:1gwxgnZrcjG145A+aMgJH2grphiNXPOh2D85FBMEgxA.
ECDSA key fingerprint is MD5:7d:d5:09:d8:c3:bc:7a:ed:b0:c8:c0:f6:80:be:97:dc.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '[localhost]:10022' (ECDSA) to the list of known hosts.
root@localhost's password:
[root@dd40a18cfcf7 ~]#

入った。このホストOSは Hyper-V のゲストなので、さらに外側の Windows 10 側から TeraTermssh 接続できるかどうかも試す。

10022 ポートにして… f:id:ytez1012:20170915234542p:plain

入った。OK。 f:id:ytez1012:20170915234736p:plain

さて本番。xrdp でリモートデスクトップ環境を作る。デスクトップを何にするか… LXDEXfce かいっそのこと Gnome を入れてしまうか…と数分考えた後、さすがに Gnome は重いだろうし、LXDE は見た目がちょっとショボイし、ということで Xfce にした (適当)。

epel リポジトリを追加して、Xfce と xrdp をインストール する。

# 更新 (コンテナ内)
[root@dd40a18cfcf7 ~]# yum upgrade

[root@dd40a18cfcf7 ~]# uname -a
Linux dd40a18cfcf7 3.10.0-514.el7.x86_64 #1 SMP Tue Nov 22 16:42:41 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

[root@dd40a18cfcf7 ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)

# epel リポジトリ追加
[root@dd40a18cfcf7 ~]# yum install epel-release
<省略>
---> Package epel-release.noarch 0:7-9 will be installed
<省略>

[root@dd40a18cfcf7 ~]# cat /etc/yum.repos.d/epel.repo
[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7

[epel-debuginfo]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch - Debug
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/$basearch/debug
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-debug-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7
gpgcheck=1

[epel-source]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch - Source
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/SRPMS
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-source-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7
gpgcheck=1

# デフォルトで enabled になっているようだ。

[root@dd40a18cfcf7 ~]# yum groupinstall Xfce

[root@dd40a18cfcf7 ~]# yum install xrdp
<省略>
---> Package xrdp.x86_64 1:0.9.3-1.el7 will be installed

0.9 が yum で入るのが素晴らしい。以前は 0.6 くらい?までしか入らず、設定に苦労した。

xrdp 起動, 自動起動設定

[root@dd40a18cfcf7 ~]# systemctl start xrdp

[root@dd40a18cfcf7 ~]# systemctl enable xrdp
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/xrdp.service to /usr/lib/systemd/system/xrdp.service.

[root@dd40a18cfcf7 ~]# systemctl status xrdp
● xrdp.service - xrdp daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/xrdp.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Thu 2017-09-14 09:47:16 UTC; 9s ago
     Docs: man:xrdp(8)
           man:xrdp.ini(5)
 Main PID: 1160 (xrdp)

Windows 10 のリモートデスクトップから接続してみる。ポートは docker run 時に指定した 10389。

f:id:ytez1012:20170916000411p:plain

先ほど設定した root パスワードでログイン

f:id:ytez1012:20170916000511p:plain

おーととと。

f:id:ytez1012:20170916000534p:plain

最後の仕上げを忘れてた。

[root@dd40a18cfcf7 ~]# echo "xfce4-session" > ~/.xsession
[root@dd40a18cfcf7 ~]# chmod 700 ~/.xsession

やったぜ。

f:id:ytez1012:20170916000735p:plain

「とりあえず動いた」ので、次回はキーボード設定とか日本語入力とか。

Hyper-V + docker + xrdp でリモートデスクトップ環境を作って遊んだ part1

タイトルの通りリハビリがてら遊んだので備忘録。初めは Windows Subsystem for LinuxBash on Ubuntu や Docker for Windows で遊ぼうと思ったのだけどいろいろうまくいかないところが出てきたので、まずはシンプルに Hyper-V 上でやってみることにした。

環境は Windows 10 Professional にて Hyper-V の機能を有効にしたところから。

f:id:ytez1012:20170913152011p:plain

OS のバージョン (win + r → winver) は下記。Anniversary Update と Creators Update を適用していたと思う(たぶん)。

f:id:ytez1012:20170913152236p:plain

まず Hyper-V マネージャー → 仮想スイッチマネージャー から適当な名前の外部仮想スイッチを作成する。管理OS(ホストOS)もそのままネットワークに接続させたいので、「管理オペレーティングシステムにこのネットワークアダプターの共有を許可する」のチェックは外さないようにする。

f:id:ytez1012:20170913152514p:plain

物理NIC - 仮想スイッチ - 仮想NIC のイメージは下記サイトを参考にさせて頂いた。とてもわかりやすい。

qiita.com

管理OS(ホストOS) → 物理NIC だったところを 管理OS → 仮想NIC → 仮想スイッチ → 物理NIC とするせいだろうか、接続が一時的に切れる様子。

f:id:ytez1012:20170913153041p:plain

コントロール パネル → ネットワークとインターネット → ネットワーク接続 を確認すると、ブリッジ接続が追加されている。これが今作成した仮想スイッチ(vsw-External)と物理NIC(Wi-Fi)を橋渡ししてくれているんだろう。

f:id:ytez1012:20170913153222p:plain

物理NIC(Wi-Fi)の方のプロパティを見てもこれだけしか表示されない。

f:id:ytez1012:20170913153355p:plain

固定IPアドレス等の設定情報は仮想スイッチのプロパティに移行されていた。

f:id:ytez1012:20170913153448p:plain f:id:ytez1012:20170913153457p:plain

仮想スイッチとは別に仮想NICのアイコンが追加されて、そちらにIPアドレス等の設定情報が移るのかなと思っていたがそうではないようだ。

続いてゲストOSをインストールする。基本 docker ホストとして使用する予定なので CoreOS とか入れてみようかとも思ったが、とりあえず CentOS7 の minimal を入れることにする。後で docker でも CentOS7 を使う予定なので、まあ同じ分には問題無いだろうと。

Hyper-V マネージャー → 新規 から仮想マシンの作成ウィザードに従って進める。"世代の指定" は第2世代 (UEFI+64bit) にし、インストールメディアに.isoを指定する

f:id:ytez1012:20170913154023p:plain f:id:ytez1012:20170913154035p:plain

これだけでゲストOSを起動したところ、うまくbootされなかった。簡単にググったところ Secure Boot が有効になっているせいのようなのでとりあえず無効にする。

f:id:ytez1012:20170913155007p:plain

ゲスト起動

f:id:ytez1012:20170913154324p:plain

イーサネットを有効にし、あとは適当に設定してインストール開始。インストール中にrootパスワードを設定しておく。

f:id:ytez1012:20170913154350p:plain

インストール完了後、再起動してログイン画面。rootでログイン。

f:id:ytez1012:20170913160238p:plain

とりあえずバージョン確認。

# バージョン確認
[root@localhost ~]# uname -a
Linux localhost.localdomain 3.10.0-514.el7.x86_64 #1 SMP Tue Nov 22 16:42:41 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

[root@localhost ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

次にネットワーク設定。自分は CentOS6 で NetworkManager を無効にし ifcfg ファイルを vi で直接直して service network restart するしか能が無いので、CentOS7 のネットワーク設定は調べる必要がある。無理やり昔のスタイルに合わせることもできなくはないんだろうけど、新しいものを覚えなくては(なおそれほど新しいわけではない様子)。

# ネットワーク確認・設定

# ネットワークデバイス確認
[root@localhost ~]# ip addr
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN qlen 1
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 00:15:5d:03:05:08 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.3.7/24 brd 192.168.3.255 scope global dynamic eth0
       valid_lft 85282sec preferred_lft 85282sec
    inet6 2400:2410:b2a0:1800:3268:2a41:ba60:205c/64 scope global noprefixroute dynamic
       valid_lft 86238sec preferred_lft 14238sec
    inet6 fe80::5b41:776f:1c42:dbde/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever

# eth0 の現在の設定を確認
[root@localhost ~]# nmcli connection show eth0 | grep ipv4
ipv4.method:                            auto
ipv4.dns:
ipv4.dns-search:
ipv4.dns-options:                       (デフォルト)
ipv4.dns-priority:                      0
ipv4.addresses:
ipv4.gateway:                           --
ipv4.routes:
ipv4.route-metric:                      -1
ipv4.ignore-auto-routes:                no
ipv4.ignore-auto-dns:                   no
ipv4.dhcp-client-id:                    --
ipv4.dhcp-timeout:                      0
ipv4.dhcp-send-hostname:                yes
ipv4.dhcp-hostname:                     --
ipv4.dhcp-fqdn:                         --
ipv4.never-default:                     no
ipv4.may-fail:                          yes
ipv4.dad-timeout:                       -1 (default)

# 固定IPアドレスを設定
[root@localhost ~]# nmcli c mod eth0 ipv4.method manual ipv4.addresses 192.168.3.7/24
[root@localhost ~]# nmcli c mod eth0 ipv4.gateway 192.168.3.1
[root@localhost ~]# nmcli c mod eth0 ipv4.dns 192.168.3.1

# 設定後の確認
[root@localhost ~]# nmcli connection show eth0 | grep ipv4
ipv4.method:                            manual
ipv4.dns:                               192.168.3.1
ipv4.dns-search:
ipv4.dns-options:                       (デフォルト)
ipv4.dns-priority:                      0
ipv4.addresses:                         192.168.3.7/24
ipv4.gateway:                           192.168.3.1
ipv4.routes:
ipv4.route-metric:                      -1
ipv4.ignore-auto-routes:                no
ipv4.ignore-auto-dns:                   no
ipv4.dhcp-client-id:                    --
ipv4.dhcp-timeout:                      0
ipv4.dhcp-send-hostname:                yes
ipv4.dhcp-hostname:                     --
ipv4.dhcp-fqdn:                         --
ipv4.never-default:                     no
ipv4.may-fail:                          yes
ipv4.dad-timeout:                       -1 (default)

これでよし。ところで sshd は起動しているのだろうか。

[root@localhost ~]# systemctl status sshd
● sshd.service - OpenSSH server daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/sshd.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since 水 2017-09-13 15:54:29 JST; 38min ago
     Docs: man:sshd(8)
           man:sshd_config(5)
  Process: 954 ExecStart=/usr/sbin/sshd $OPTIONS (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 961 (sshd)
   CGroup: /system.slice/sshd.service
           mq961 /usr/sbin/sshd

 913 15:54:28 localhost.localdomain systemd[1]: Starting OpenSSH server daemon...
 913 15:54:29 localhost.localdomain systemd[1]: PID file /var/run/sshd.pid not readable (yet?) after start.
 913 15:54:29 localhost.localdomain sshd[961]: Server listening on 0.0.0.0 port 22.
 913 15:54:29 localhost.localdomain sshd[961]: Server listening on :: port 22.
 913 15:54:29 localhost.localdomain systemd[1]: Started OpenSSH server daemon.

起動しているようだ。まだ sshd と firewall は何もいじっていないが、現段階で ssh 接続はできるのだろうか。

f:id:ytez1012:20170913163621p:plain

ふむ。あっさりパスワード認証のみで root ログインできた。後々設定を確認しよう…。

これで最低限のVM環境ができた。次回は docker をインストールするところから書く予定。

初見ゲーム実況プレイのような人生

自分が承認欲求の奴隷であることを意識してから、具体的にどのようにすれば飢餓感が満たされるのか考えていた。

色々考えた結果、ニコニコ動画の初見ゲーム実況プレイ動画を作るように生活するのが割と理想形かもしれないと考えた。人生は攻略本が無いセーブリセット不可の初見ゲームと解釈できるから。

実況動画のup主は、右も左も分からない初見ゲームに悪戦苦闘し、苦悩と挫折の向こうにあるはずの達成感を得ようと頑張っている。

コメント欄には、それを応援する声、クリアを祝福する声、非効率なプレイを非難する声が溢れる。

両足で立ち上がったり、初めて言葉を発するだけで喝采を浴びる幼児のように注目を浴びている。大人になって社会に出てからはなかなか得られないものだ。

小さい頃何が好きでしたか

精神科入院中、医師薬剤師看護師によく聞かれた質問が「小さい頃何が好きでしたか」だった。

なぜそんなにも小さい頃のことを聞きたがるのか不思議でしょうがなかったが、精神病治療において「自然で自発的な基本的欲求が何なのか」を考えることが重要な様子だった。

確かに大人になってからの社会生活は、好きでもない趣味や人物を体面で好きだと言ったり、嫌な仕事を生きがいだと言ったり、基本的欲求に忠実でないことが多いのかもしれない。

だからどこか歪で、それを酒や過食、セックスギャンブルソシャゲetcで誤魔化そうとして病んでいくのかもしれない。

しかしながら、はてさて子供の頃は純粋に自発的欲求で動いていたかと考えるとそれも怪しい。単なる承認欲求の奴隷だったように思う。図鑑を読んだりNHKスペシャルを見たり勉強をすると大人に喜ばれる。喜ばれることが自分の好きなこと。

それを「自分は勉強が好きなんだ」と勘違いして30年ほど経ってしまったように思う。

薬剤師「元気になったら何がしたい?」 自分「(30秒ほど考える)…借金返したいです」 薬剤師「それだけ考えてこれかあ」

うるせえしたいことなんかねえよ薬ください

健全な精神への道のりは険しい。

ベルソムラさんとの再会

ゾルピデムがいい加減効かなくなってきていて、22:00に飲んでも寝入るのが3:30とかになってしまった。

なんとかするために、久しぶりにベルソムラを使ってみたいと思い立ち、医者にお願いした。

昨年12月頃だったか、初めてベルソムラを使ったときは、ゾルピデム+フルニトラゼパムゾルピデム+ベルソムラ という置換だったが、これは失敗だった。

フルニトラゼパムを取り上げられたことで眠る眠らない以前に生きていく支えを失ってしまい、恐慌状態に陥ってしまった。

そのときは代わりにブロマゼパムを20mgほどぶち込んでみたが不安感が消えず。

ああ自分は本当にベンゾジアゼピン…というかフルニトラゼパム依存なのだなあと実感し、翌日すぐに元に戻して貰った。

今回2度目の挑戦。ゾルピデム+フルニトラゼパム → ベルソムラ+フルニトラゼパム という置換である。

4日過ごしてみたが、寝いるのも比較的早く、フルニトラゼパムも効いているので不安感も無い。良い組み合わせ…だと思う。

ゾルピデムは非ベンゾジアゼピン系とかベンゾに近いとか微妙な表現をよく見かける。よくわからない。フルニトラゼパムブロマゼパムにドップリ浸かった体には効きにくかったりするのだろうか。それが知りたい。

GABA受容体と一口にいっても複数のドメインの複合体のようだし、それぞれの薬剤がどこを突っつくのかによるのだろうか。

患者にとっては細かい作用機序は割とどうでも良くて寝れればいいわけだが、ある程度知識があったほうが医者に逆提案できるので選択肢が広がる。なお医者の機嫌を損ねるリスクは上がる。

なんにせよ、まず普通に寝て普通に起きるリズムをつくりたい。

ベルソムラは先発品なのでまだスボレキサントと呼ばなくて良いかな。ベルソムラってカッコいいし。高村さーん、中村さーん、ベルソムラさーん。

今後の不安

退院日が決まっていないが、急性期病院の為それほど長くはいられないことは分かっている。

退院後実家で加療している様子をイメージしてみたが、吐き気が出るような重苦しさに支配されてしまうので現実味が無さそうという印象。

単身アパートを借りて、ゆっくり休みたい。

賃貸借契約、家族、借金、障害年金、健康保健、現職復帰、退職→障害者雇用、職業訓練、等いろいろ考えていると脳が悲鳴を上げる。

ベンゾジアゼピンが欲しくてしょうがないのだが、主治医の許可は下りず。入院の直接の引き金になった薬物を増量する方向に向かうのは治療の意味が無いと。

理屈ではとても理解できるのだが、あの「救われた」感覚を脳が覚えてしまっているので無性にフルニトラゼパムが欲しくなるときがある。

プラス思考で考えるならば、ここまでの薬物易依存特性を持ちながら、処方薬や市販薬ではなく、覚醒剤大麻など完全にアウトな代物に出会っていたら廃人化は免れなかっただろう、と。

当座はメジャートランキライザーで乗り越える形になりそうで、レボメプロマジンとクエチアピンを頓服服用している。

確かに不安に苛まれ続けて頭が破裂しそうになる感覚は消える。ただ、なんというか全身が怠くなって思考に雲がかかったようになり、何もできないので不安を感じることもできない、という表現のほうが的確かもしれない。シャットダウンさせられている。

今後が分からない。

  1. 住居を定める
  2. 生活費の計算をし、必要な手当や控除を申請する
  3. 減薬指導を受ける
  4. 復職支援相談に行く
  5. 現職復帰か退職→障害者雇用かを今年中に決める

こんなところか。

生きるのって辛いな。

ウロウロ健康法

用事やリハビリを行う気力が出なかったり、どうにもベッド上で鬱々としてしまうとき。

病室内を後ろ手組んでウロウロ歩き回ると少しずつ思考が回ってくるようだ。

ウロウロ健康法と命名することにする。